ユノの耳はロバの耳

東の神に起こされてしまったので、萌えたぎる妄想を書き連ねます。
MENU

移動の話(チェコ旅3)

プラハはとっても小さい町なので、

がんばれば全部徒歩移動も可能かもしれません。
石畳の道と古い建物が並ぶ町並みが楽しくて、
目的もなく散歩するのがすごく楽しかったです。

でも、トラムと地下鉄がかなり整備されているので、
乗りこなせればかなり便利です。

トラム 
こんなトラムが網の目のように走っています。

路線は全部番号がふってあって、
先頭とかに表示してありました。
なので、まあ読めなくも大丈夫。
ドアを開くのは車両の中か外にあるボタンを押す必要がありました。
でも町中だとだいたい誰かいるから大丈夫。
ウィーンの電車みたいに重いドアを開く必要はありませんでした。

トラムは広告が貼ってあるものも多くて、
アマゾンとか、サムソンとかが私が分かる企業で、
あとは地元の歌手とかそんなのが多かったかな。

なんか建物の看板がかなり規制されているような印象
(たぶん景観保護のため)だったので、
トラムの車体と停留所の広告が目立ちました。

あ、でも一番最初に切符を買うのに苦労しました。
トラムの停留所は数が多すぎるからなのか、
券売機がないことが多くて、
地下鉄の駅なら必ずあるんですけど、
コインじゃないと購入できないという鬼っぷり。
崩そうと近くの店にいってもちょっと大きいと拒否されるので、
両替したての大きい紙幣しか持っていないときに苦労しました。

その後ガイドブックとかみたら、
日本のように駅の中にあるキオスクだけでなく、
外の屋台的なキオスクでも購入可能で
(お水とかお菓子とか新聞とかポストカードも売ってる)
さらに紙幣でも切符の購入が可能なので、
そこで買うのが正解なんだろうなあと学びました。

切符は30分、90分、24時間、3日間などの種類があって、
決まった時間は地下鉄とトラムは乗り放題のシステム。
最初に乗るときに車内の時間を印字する機械に通します。
検札がたまにあってそのときにもってなかったりすると、
すごい高額な罰金をとられるらしいですが、
私は見なかったなあ。
90分券だとたとえば美術館の行きにのって、
見て回ってってしてるとすぐすぎちゃうので、
30分券を複数買うか、もうあきらめて24時間券を
買っちゃうのが時間のロスがないのかなと思いました。

あとはあんまり乗らなかったけど地下鉄。
エスカレーター 
こんな感じのエスカレーターをさがっていって……。
なぜか私の中で共産圏と北欧の地下鉄のイメージ
はこんな感じのイメージです。映画とかドラマとかで
容疑者と刑事がすれちがったりするでしょ。

地下鉄
車両はこんな感じ。あんまり乗らなかったから
車内は良く覚えてない。

このふたつはちがう駅のプラットフォームです。
地下鉄の駅
地下鉄の駅色違い
色ちがいで超かわいい~!!と感動しました。
こんなデザインが町中にあふれていて、
目が離せないんですよねー。



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hominhomoe.blog60.fc2.com/tb.php/1450-4f0a1953
該当の記事は見つかりませんでした。