ユノの耳はロバの耳

東の神に起こされてしまったので、萌えたぎる妄想を書き連ねます。
MENU

ホテルと旧市街広場の話(チェコ旅2)

着いた日はすぐ寝てしまったので、かなり早朝から活動開始。

ホテル 
今回泊まったホテルはプラハ旧市街のどまんなかで、立地最高。
でも部屋数は多くなくて居心地が良かったです。

ホテル室内 

お客さんはドイツ人、アメリカ人、フランス人っぽい感じの人がほとんど。
アジア系少なくて我々のほかは韓国人っぽい人くらいだったかな。


朝食だけはついていてバイキング形式のごはんがでました。
3~4種類のパンと10種類くらいのハム、チーズ
あとはグラノーラとかヨーグルト
サラダ、フルーツなど。
とにかくハムがおいしいので、毎日朝はがっつり食べてました。

スタッフは皆さん英語が通じるし
最終日に朝食の時間より前に出発するねーって伝えたら、
「OK、じゃあ朝食つくっといてあげるからもっててよ」
っていってサンドイッチとジュース、ヨーグルト、フルーツを
用意してくれたりしました。ほんっとにありがたかったなあ。

ただ小さな欠点は、入り口が大通りに面していないからわかりにくいかも。
1階の目立つところは、スワロフスキーの路面店がテナントで入っていて、
すごく合理的だなあと思いました。

ホテルから歩いてすぐの旧市街広場。
まだ結構朝なので日差しに角度があって逆光気味ですが。
プロテスタント運動の宗教家ヤン・フス像

ヤンフス像 

こちらが観光客に大人気の時計台
時計台横から 

毎時に動くからくり時計
(写真がひどくてすみません)
時計台からくり部分 

からくりが動いているのはこっちでご覧ください。

旧市街広場は観光の中心地って感じで、
結構な朝なんですけど、どんどん人が集まってきてました。
お昼とか夕方になる芋洗い状態になってました。
大道芸的はパフォーマンスする人とか
歌を歌う人とか、シャボン玉ふく人とかいて、
活気にあふれる感じでした。
でも夕方とかは人がいすぎで、ちょっと怖かったです。



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hominhomoe.blog60.fc2.com/tb.php/1449-8335e200
該当の記事は見つかりませんでした。